FC2ブログ
topimage

2020-06

肌に優しいマスク - 2020.05.12 Tue

このところの気温上昇に肌が悲鳴を上げています。

紫外線に弱い私の敏感肌…。

ビジネスマナーでも、すっぴんをみせられないわけでもなく
夏は私はノーメイクは危険!

ブツブツがでるわかゆくなるわ大変なのです。

さらに、今はマスクという刺激も加わって、最悪!

昨日は会があり(社会的距離と環境はばっちりでした)マスクを半日していました。
ピリピリするな~と感じた時はすでに遅し。
夜にはかゆい!かゆい!ブツブツ出てかゆい!

お気に入りのマスクはすでにストックがなくなり、今は普通の市販の使い捨てマスクを使用しています。
きっと最近のマスクはどれもこれも肌に優しくなっているであろうけれど
私の状態が悪環境であれば紫外線アレルギーが出てしまいます。

(当社が作ったマスクは全て販売用にしているので、私の分はありません。私は、市販のマスクを使用しています)

そこで、母にやっと作ってもらった 布マスク。
これを今朝つけてみたら、超快適でした。
肌へのストレスが昨日に比べてゼロといっても過言ではないくらい。

fc2blog_20200512103308b7a.jpg

fc2blog_20200512103254ffe.jpg

友人の母が作ってくれた布マスクは、地元の友人があまりにも不細工な手作りマスクをつけていたので、2枚を手元に残し譲りました。
色柄物なので、自宅にいるときや畑にい行くときに使っています。
仕事で人に会うときは、白マスクと決めています。

ほら、やっぱり、、、違和感ないですか?女性はなんとも思わないのですが
男性がピンクの花柄マスクとかしているの見ると、目のやり場に困るというか…。
わりとちゃんとしたおじさんだったりするとなおさら、え?ってなりませんか??


実はこの布マスクにも、まぁまぁの疑惑がありまして。
個人的なことなのですが、
あくまでも個人的なことなのですが、

私はず========っとずっと以前から
「布マスクを縫って!」と母にオファしていたのです。
材料も買ってあったし、使い捨てマスクを縫うためにミシンが出ているし。
それでも母は、使い捨てマスクを必要としてくれている方が多かったので、私のことは無視。

それがですね、先日兄が「布マスクないん?」と聞いてきたので「母に言えば縫ってくれるだろ」と答えてました。
兄が道場の消毒作業をするのに、布マスクがほしいとのことでした。
兄が直接母に頼みにいくと、ほいほい縫ってあげるじゃないですか!!!!

いやね、私も兄が言えば縫ってくれるだろうと思って兄に、母へ直接頼むようにしむけたのですが

こ、こ、こんなにもあっさり作ってくるなんて!!!

兄妹格差ですよ。リアルな。兄妹格差。
1度のオファで即行動。
割と傷つくのよね~~。昔から。

結果、熱烈にオファし続けた私の元には[兄のおこぼれマスクがやってきた]というわけです。

あ。これを読んでくださっている方が今思っていることにお答えします

『自分で縫え!自分で作れ!!』

そうお思いでしょうね。
これはですね、まず理由がありまして、ミシンが工房に1台しかないということでして。
私が入ると仕事がなくなる人がいるのです。
『夜に時間があるじゃないか』とお思いでしょうが、夜は工房は極力電気をつけません。
虫が入ってくるから。
ということで、環境的に私がマスクを縫う機会はないのです。

『そんなこと言ってミシンへたくそなんじゃないの~~~?』と、思ったあなた!

NO!NO!NO!
私は裁縫はとっても得意です。わりと器用です。
やればできる子です。
甥っ子姪っ子のお道具箱入れは私が縫いました。


ただ、


ただ、


めんどくさい


それだけです。


以上。


追記)

ランニングされている方、マスクを着用の際はほんとうに気を付けてください!
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

かっこいいアルコール «  | BLOG TOP |  » 耐え忍ぶ べし

プロフィール

美馬交流館 館長

Author:美馬交流館 館長
 私たちの住む美馬町は、いにしえの頃には他に類なき程の繁栄を極めた地であり、私たちはその偉大なる先人たちから学びこの地に昔日の活力ある田舎町を創造する目的で1993年にボランティアグループを結成しました。以来町づくりの多様な活動を展開し、その集大成として新たな産業起こしを夢みて農商工連携による特産品開発に取り組んでいます。
 素材にはこの地方に昔から伝わる、糖度が高くて辛味が強い特性をもつみまから唐辛子を取り上げ、こだわりをもった特色ある産品を創出しています。

最新記事

カテゴリ

日記 (1136)
お弁当やお料理 (31)
食べる「みまから」 (29)
イベント (44)
お知らせ (322)
会員のみなさまへ (1)
働かざる…集い 活動報告 (4)
「みまから」保存法について (1)
美馬交流館の場所 (3)
その他 (38)
2014畑日記 (29)
おススメします! (5)

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR