FC2ブログ
topimage

2019-11

うずまんじゅうぼうや - 2019.11.05 Tue

時々紹介している、清水製菓さんのうずまんじゅうが大好きな空手少年。

秋になり、清水製菓さんで定期的な製造が始まったので、稽古の日にうずまんじゅうが出ているときは連絡するようにしています。
そして空手の先生である兄に託して届けています。

先日も、稽古日にうずまんじゅうが並んでいたので「今日出てます。どうしましょうか?」と連絡したら「8パック買ってください」と返ってきました(笑)

8パック! 5個入 × 8 = 40個 (笑)

仕入れレベルでおもしろすぎますし、ありがたすぎます(喜)

私も大好きだから食べようと思ったら1パック5個は食べられると思いますが
2個がちょうどいい感じ。

でも、その日の夜
まずはお兄ちゃんが返ってきてぺろりと1パック食したそうです。


fc2blog_20191102091149d27.jpg


その後空手の練習から戻った弟くんが1パックペロリと食したそうです。

fc2blog_20191102091236ffe.jpg

弟くんは動画で、「これめっちゃ好き~ありがとう~おいしい~」と送ってくれました。
キャプチャー画です↓

fc2blog_2019110209131549e.jpg

1個口にほおばりまだモゴモゴしてるのに、すでに2個目を手にしてるという(笑)

fc2blog_2019110209135752c.jpg

そんなに慌てなくてもだれも取らんし~、あと6パックあるから~
と、動画を観ながら笑いながら独り言を言ってしまいました。

なんともかわいいうずまんじゅう少年たち。

このまま素直にかわいく育ってほしいです。

生産者である清水製菓の職人たちも喜んでいます。


いつもありがとう!!SJ一家!!

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

迷惑メール «  | BLOG TOP |  » ほうれん草の白和えはじまりました

プロフィール

美馬交流館 館長

Author:美馬交流館 館長
 私たちの住む美馬町は、いにしえの頃には他に類なき程の繁栄を極めた地であり、私たちはその偉大なる先人たちから学びこの地に昔日の活力ある田舎町を創造する目的で1993年にボランティアグループを結成しました。以来町づくりの多様な活動を展開し、その集大成として新たな産業起こしを夢みて農商工連携による特産品開発に取り組んでいます。
 素材にはこの地方に昔から伝わる、糖度が高くて辛味が強い特性をもつみまから唐辛子を取り上げ、こだわりをもった特色ある産品を創出しています。

最新記事

カテゴリ

日記 (1045)
お弁当やお料理 (30)
食べる「みまから」 (29)
イベント (44)
お知らせ (318)
会員のみなさまへ (1)
働かざる…集い 活動報告 (4)
「みまから」保存法について (1)
美馬交流館の場所 (3)
その他 (38)
2014畑日記 (29)
おススメします! (5)

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR