FC2ブログ
topimage

2018-09

ほんとにあった怖い話 - 2018.08.29 Wed


先日とある会でのできごとです。会議室に入り着席と同時に最前列に座るこの会の役員に

「お前よ~太ってどしたんな。みまから売れて儲けて太りすぎたんか!」

と、言われました。
私に太っちょネタをぶっ込んでくるのは日常茶飯事なのですが
(そんなことでめげてたら、太ってる私は外を歩けませんもの!)

そんな言葉を大勢の前でぶつけられた私の顔はきっとこんな顔!

fc2blog_20180828160641aad.jpg

いつもならすぐに言い返しますが
みまからに関して超否定したいのに どう言い返せば…と一瞬ひるんでいると
同じ会に出ている女性の何人かが「何をそんな失礼なことを!」と怒ってくれました。

ありがたいのですが、複雑な心境…((笑))

まだまだ女性へのからかいの言葉が乱立する田舎です。
(あえてセクハラとまでは言いません)
独身、身体的特徴が顕著な私が
たくましく生きていくには 軽快にぶっ込み返す機転能力が必要です。
私はまだまだです。

世のおじさんたち!
気を付けたほうがいいですよ。
からかいの言葉は 当事者よりも その周辺の人が何倍も怒っていますから。
そして、確実に言いふらされます。
結果私みたいな当事者は二次被害に遭うわけです…。

もちろん、私は愛のあるぶっ込みだと理解していますが
(だって実際夏になると必ず太りますから)
時と場所は考えてほしかったです。

おっさん気を付けたまえ!

=============

ついでにもう一つ。
先日道の駅みまの里で会う農家のおばちゃんに

「あんたはどうして嫁にいかんの?」

と聞かれたのが3回目の会話です↓

=おばちゃん、もうええで~行けんだけよっ 

「そんなことないわ。あんたは嫁に行けるわ、まだ若いだろ?」

=おばちゃんとこの息子と同級生よ。●●●くん。中学校同級生やで。

「え~うちの男前の息子と?」

=そうそう男前の●●●くん。元気なん?また同窓会顔出してってゆうといてよ。

「ほんま~、あ、うちの息子は結婚しとるけん。ほなお先に~」

おばちゃんそそくさと帰る。


・・・・・・。え??
私、なんか勘違いされていませんか?

誰もおたくのおぼっちゃん紹介してやゆうてませんよ~~~!

今後露骨に警戒されたらどうしましょ(笑)



地元ではわりと聞きずらいこともあっさり聞かれる私です。

たくましくなるわけです。












スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

脳みそ沸騰中。 «  | BLOG TOP |  » まじめな話

プロフィール

美馬交流館 館長

Author:美馬交流館 館長
 私たちの住む美馬町は、いにしえの頃には他に類なき程の繁栄を極めた地であり、私たちはその偉大なる先人たちから学びこの地に昔日の活力ある田舎町を創造する目的で1993年にボランティアグループを結成しました。以来町づくりの多様な活動を展開し、その集大成として新たな産業起こしを夢みて農商工連携による特産品開発に取り組んでいます。
 素材にはこの地方に昔から伝わる、糖度が高くて辛味が強い特性をもつみまから唐辛子を取り上げ、こだわりをもった特色ある産品を創出しています。

最新記事

カテゴリ

日記 (871)
お弁当やお料理 (25)
食べる「みまから」 (28)
イベント (43)
お知らせ (268)
会員のみなさまへ (1)
働かざる…集い 活動報告 (4)
「みまから」保存法について (1)
美馬交流館の場所 (3)
その他 (38)
2014畑日記 (29)
おススメします! (4)

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR