FC2ブログ
topimage

2018-11

青空の下 - 2018.06.08 Fri


新しい事務所への移行もいよいよ終わりが見えてきました。

内装はほぼできたので引っ越しも9割終え、こちらで仕事を始めています。

昨日から外の鉄骨の工事が入りました。
これまでの屋根がなくなったことで、明るくなりました。

fc2blog_20180608152434d2b.jpg


私は東の窓向きにデスクがあるのですが

ま、まぶしい・・・


目がやられます。


ブルーライトカットの眼鏡も効果なし。
サングラスが必要です。

パソコンの向きを変えることはできないんです。

布で窓を覆うと風が通らず暑い。
左側から窓からの光、右側からは入り口のガラスから入る光。
目は痛いし暑いし、、、これは地獄です。

窓の光は鉄骨ができて屋根がつけば解消されますので
入り口の暑さと光の対策を考えなければいけません。

ふと見上げると窓から青空が見えて気持ちいいのですが…
今は地獄です…💦

社長と机を並べたくないからこの場所になったので文句は言えません(泣)



しばらくは修業と思って耐えます。


______________

余談ですが、昨日3月から不調続きだった肌トラブルのため皮膚科へ行ってきました。

顔面と頭皮の右半分にブツブツが出ていて、肌がボコボコになってきていました。
普段まったく私に興味のないFさんにまで注意された荒耕地だった私の右半分。
塗り薬くれるといいな~と思ったら、こんなに出ました↓↓

fc2blog_20180608152454ea1.jpg
                                 

スキンケアから薬であるんですね。。。
もっと早くいけばよかったです。 (3割負担だし)
→友人には早く病院に行けと3月にすでに言われていました・・・。

肌のストレスから早く解消されて、なおかつ 美肌を取り戻します!





                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ご褒美DAY «  | BLOG TOP |  » 道の駅 みまの里

プロフィール

美馬交流館 館長

Author:美馬交流館 館長
 私たちの住む美馬町は、いにしえの頃には他に類なき程の繁栄を極めた地であり、私たちはその偉大なる先人たちから学びこの地に昔日の活力ある田舎町を創造する目的で1993年にボランティアグループを結成しました。以来町づくりの多様な活動を展開し、その集大成として新たな産業起こしを夢みて農商工連携による特産品開発に取り組んでいます。
 素材にはこの地方に昔から伝わる、糖度が高くて辛味が強い特性をもつみまから唐辛子を取り上げ、こだわりをもった特色ある産品を創出しています。

最新記事

カテゴリ

日記 (887)
お弁当やお料理 (27)
食べる「みまから」 (28)
イベント (43)
お知らせ (282)
会員のみなさまへ (1)
働かざる…集い 活動報告 (4)
「みまから」保存法について (1)
美馬交流館の場所 (3)
その他 (38)
2014畑日記 (29)
おススメします! (4)

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR