FC2ブログ
topimage

2020-02

出張日記 2日目 続き - 2017.12.09 Sat


トラブルの説明を受けて、頭の中で処理できるまで若干うろたえそうになりましたが
海外製品の輸入出関係の仕事をしている友人がいてくれたおかげて、助かりました。


人がいないのも納得。
みなさん帰られたとのことで、私も特に必要はないと言われましたが
仕事で行かせていただいたので、そんなわけにはいきません!
バイトさんたちもいるし、物産展が展示会になっていてもそこにいる必要はあると思ったので
この日は予定通りブースに立つことにしました。
(友人は台南観光へ出かけました。)
バイトのれんちゃんが本当に日本が大好きで、話をしているだけであっという間に時間がすぎて
全く苦痛ではなく実は本当に楽しかったです。

例えば、
【激辛薬味】は通じるようで、通じない言葉らしいです。
日本では【薬味】は調味料の一種としてイメージしていただけますが
台湾や中国など漢字の国では読んで字のごとく【薬】のことだそうです。
唐辛子の加工品がなぜに薬なのか?れんちゃんに一番に聞かれたことです。
なるほど。そういえば、つるぎ高校さんが作ってくれた台湾用POPに「薬味」という文字は見当たりません。

turugitaiwanPOP.png

「風味や辛さを増したいときにトッピングとして」と説明をしました。


実はこの日、従弟の彼女の両親が高雄市在住ということで、叔父がご両親に物産展の案内をしてくれており、物産展に来てくれるかもという予定もありました。
全く知らない台湾人の方とどうやって会話すればいいのか…一抹の不安を抱えていましたが
約束の時間になっても現れなかったので、残念だったな~と思っていたところ、アメリカ在住の叔父からメールが入り
「誰かに助けてもらってこの番号にかけて」とのミッションが。。
台湾人と会話できないのに、なんで電話なんてできるんよ~~~。と思いましたが
ここは私の不遇のせいで従弟が彼女にフラれでもしたら大変!
れんちゃんの休憩時間にお願いすると快く引き受けてくれました。

20171103040506 (22)

貴重な休憩時間を割いてくれたのにも関わらず、電話代を受け取ってくれず
大人として非常に申し訳ない…。 本当にいい子でした。

その後私も休憩へ。
外にいる友人と合流して高雄市といえばマンゴー天国ということでマンゴー専門店へ。
食べ物に関してはしっかり調べてました(笑)

20171103040506 (23)

目的を達成して一人で催し物会場へ戻ると従弟の彼女のご両親がいらっしゃったところで、一連の事情を把握しているれんちゃんが対応してくれていました。
(私のプライベートなことまですみません…)

20171103040506 (25)

終わりの時間まで待っていただいてから、近くのコーヒーショップへ移動。
ここでれんちゃんとはお別れです。とってもかわいいれんちゃん。日本に来るときは必ず連絡してほしいので名刺を渡してからさようなら。

台湾人のご両親とは、英語(もちろん私はカタコト単語)と翻訳アプリで何とか会話し、友人と合流して高雄市の観光名所である龍虎塔のライトアップへ連れて行ってほしいとお願いしてみました。
快く受けていただき、閉館時間が迫っていたので即効車でGO。


20171103040506 (26)

とても素敵なところでしたよ。この日はどうも満月と重なって湖に写る満月とのコラボレーションを撮ろうとカメラマンがたくさんいました。

美しい光景を堪能してから、地元の人が行く屋台のような定食屋さんに連れて行ってもらいました。

20171103040506 (29)

ここではしっかりと「パクチーノー!」と伝えました。
屋台飯です。

20171103040506 (28)

油そばみたいな感じでしょうか?八角はさほど感じられず、とてもおいしくいただきました!
ちょっと引いていた台湾での食事、盛り返しました!初めておいしい台湾料理です。
珍しいものも食べてみろ、と注文してくれたのがこちら。↓

20171103040506 (27)

何かわかりますか??
お父様がヒントをどんどん出してくれます。
ホルモン系が大好きな友人は答えより先に試食を、と箸に取った瞬間わかったらしく正答を。
なんと、豚の臍帯!!
え~~っと言いつつ私もホルモン好きなので迷わず食しました。
臍帯自体はさっぱりしていてプルプルの食感です。つけだれが特徴的でものすごくおいしかったです。
お肌がきれいになるよ!とお父様に言われ、たくさん食べました。
奥のさつまいものツルの炒め物もとても美味しかったです。

満腹で食事を終えて、次は台北市に帰る為に左営駅まで送ってくれるとのこと。
途中で台湾ジュースまで買って持たせてくれました。

思えばアメリカにいる従弟の彼女の両親とは私にとってはほぼ無関係な存在ですが
たまたまアメリカの叔父と連絡を取ることがあり、不在中のスケジュールを伝えたら…
と本当にタイミングと縁とは不思議なものです。
ご両親にとっての私は、こんなことがない限り一生会う予定のない相手、存在すら知らないような相手。
それでも、言葉の通じない私に、親戚のおっちゃんおばちゃんのようにとっても親切にしていただいて
高雄市ではトラブル以外はとてもいい方たちに出会えることができて楽しかったです。

「今度は家族とのんびり時間を取ってきなさい」
と、言ってくださり、もう完全に親戚気分です。
必ず高雄市へはもう一度訪れたいと思います。

帰りの高速鉄道で持たせてくれたジュースを飲んでびっくり!

20171103040506 (31)


八角ジュースでした…。
というオチつきです(笑)
飛び上がりそうなほどビックリしましたが
短い時間でのご厚意を思い出しながら、鼻をつまんで一気飲み!

台北市へ帰りました。

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

出張日記 締め «  | BLOG TOP |  » 出張日記 2日目

プロフィール

美馬交流館 館長

Author:美馬交流館 館長
 私たちの住む美馬町は、いにしえの頃には他に類なき程の繁栄を極めた地であり、私たちはその偉大なる先人たちから学びこの地に昔日の活力ある田舎町を創造する目的で1993年にボランティアグループを結成しました。以来町づくりの多様な活動を展開し、その集大成として新たな産業起こしを夢みて農商工連携による特産品開発に取り組んでいます。
 素材にはこの地方に昔から伝わる、糖度が高くて辛味が強い特性をもつみまから唐辛子を取り上げ、こだわりをもった特色ある産品を創出しています。

最新記事

カテゴリ

日記 (1081)
お弁当やお料理 (30)
食べる「みまから」 (29)
イベント (44)
お知らせ (320)
会員のみなさまへ (1)
働かざる…集い 活動報告 (4)
「みまから」保存法について (1)
美馬交流館の場所 (3)
その他 (38)
2014畑日記 (29)
おススメします! (5)

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR