FC2ブログ
topimage

2019-11

8/20「働かざる者食うべからずの集い」 活動日記  - 2017.08.25 Fri

毎年夏休みに開催している私の個人的な集会です。

2年ほど山人の里をお借りしたので、今年は下界でセッティング。
美馬町唯一の観光地である、小古都寺町にある「美馬市防災交流センター」を会場にしました。

管理者の方は地元NPOの団体。平均年齢もぐっと高いので、集合時間に会場が開いていないというハプニングからスタート(笑)
別ルートでカギを開けてもらって始まりました。

私の予定では、管理者の方から直接私たちに「してほしいこと」を指示してもらって、掃除や雑用をこなし直接生徒に「ありがとう」と言ってもらいたかったのですが…ほら、ほら、管理者の方来てない!(笑)
仕方ないので、グループ分けして大人の判断に任せました→はい、丸投げ作戦です。だってみんな先生だもの。

外を掃除するグループ、トイレを掃除するグループ。
そして下ごしらえをする調理グループ。
みなさん手際よくスタート

その間私は子どもたちと忘れ物を取りに、家に戻っておりました。。。
そしたら掃除の様子の写真が一枚もないという、、、またまたやってしまった大失敗!

9:40~10:30 暑い中一生懸命活動してました!!

休憩後は、みんなが大好きお料理タイム。

今年は子どもたちも多いので、みんなで作れるサンドイッチを作りました。
(衛生面には気を遣っています。手袋・アルコール必須です)

【食べるなら働きなさい】老若男女せっせと【自分で仕事を見つけて】動きます。
「指示待ちはダメですよ」

20170820blog1 (1)

20170820blog1 (2)

はるまきを上手に巻いています

20170820blog1 (3)

実は、美馬交流館では 母と母の姉である私の叔母と、そしてかわいい甥っ子が
4キロの唐揚げと野菜の天ぷらもろもろと、ちらし寿司を1.5升作ってくれていました!

20170820blog2.jpg

さぁ今年も半端ない量のお料理が並びました。
もう何品あるのかわかりません
私のつくる食のモットーは「遠慮して食べる量は適正量ではない!」みんなで食べる食事は腹いっぱい食べてほしい。腹いっぱい食べるということは料理がおいしくなければいけない!

20170820blog3 (1)

20170820blog3 (2)


わいわいがやがや。
にぎやかな食事会。
これまであーだこーだ叫んでいたあの子も食べ始めると途端に静かに(笑)
おいしければ一心不乱に食べるよね。
ちびっこたちもおとなしくなるので、ここぞとばかり大人はしゃべり倒す!
今年はたくさん集まったので話したいこともいっぱい!

ささっと片づけして、私は子供たちに下絵を描いてもらいまいした。
一人が描き始めると、み~~んな寄ってくる。
興味を持ってくれてうれしいな~~~。 (何の下絵かはまだ秘密です)
20170820blog4 (2)

子どもたちの絵に見入る、シェフと料理長。

20170820blog4 (1)

大人も寄ってくる

20170820blog4 (3)

20170820blog5 (1)

おいしいスイカで座談会

20170820blog5 (2)

と、あっという間に終了時間。
片づけもささーっとみんなでやれば早い早い。

私は当日何もしていません。
材料を買ってきていただけで、シェフにお任せしていましたし
片づけも子どもと遊んでいたら終わっていましたし。
ほんと、気が利くメンバーでありがたい!

記念写真。

20170820blog6 (1)

20170820blog6 (2)

※写真は保護者の許可を得ています

午前中だけ参加の先生もいました。
今年はたくさん集まりました。

ちなみに、オセロは完敗でした。

20170820blog7 (1)


元同僚のご主人は私が県立高校に勤務していた若い頃の教え子です。
ずっと仲良しです。この日はお手伝いに来てもらいました!

20170820blog7 (2)
20170820blog7 (3)

ありがとうアイジ!

たくさんの参加、ありがとうございました。

また来年!活動日記はおしまい。
後日【活動する理由】をUPしますね!






スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

NHKさんが撮影に来られました «  | BLOG TOP |  » 【メトロミニッツ】が届きました

プロフィール

美馬交流館 館長

Author:美馬交流館 館長
 私たちの住む美馬町は、いにしえの頃には他に類なき程の繁栄を極めた地であり、私たちはその偉大なる先人たちから学びこの地に昔日の活力ある田舎町を創造する目的で1993年にボランティアグループを結成しました。以来町づくりの多様な活動を展開し、その集大成として新たな産業起こしを夢みて農商工連携による特産品開発に取り組んでいます。
 素材にはこの地方に昔から伝わる、糖度が高くて辛味が強い特性をもつみまから唐辛子を取り上げ、こだわりをもった特色ある産品を創出しています。

最新記事

カテゴリ

日記 (1045)
お弁当やお料理 (30)
食べる「みまから」 (29)
イベント (44)
お知らせ (318)
会員のみなさまへ (1)
働かざる…集い 活動報告 (4)
「みまから」保存法について (1)
美馬交流館の場所 (3)
その他 (38)
2014畑日記 (29)
おススメします! (5)

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR