FC2ブログ
topimage

2020-05

美馬交流館的GW - 2020.05.07 Thu

この休み中は、いつもは予定を入れたりメンテナンスしたりするので
3日ほどは休みますが、今年は畑作業をした5日以外は時間短縮で仕事をしていました。
プリンターの調子がイマイチなので、休むと動かなくなりそうで。
毎日プリンターを動かしています。

他には…

愛犬を洗いました。丸洗い。

fc2blog_20200506090952830.jpg

ああ、かわいい。

fc2blog_20200506091011305.jpg


換毛期なので、乾いてからの抜け毛はすごい!
ボコボコになるので、むしるとめっちゃ切れられる。健康な毛もひっぱっているから。
これも毎年のこと。
換毛期は適度なブラッシングと自然にまかせるのが一番きれいに変わりますね。
でも我慢できない!

「お食事処 青柳」さんのテイクアウト盛りを食べたり

fc2blog_20200506091026819.jpg

鬼のようなマカロニサラダをつくったり

fc2blog_20200506091107d7b.jpg


くるみみそと豆腐で田楽風にしてみたり

fc2blog_20200506091123648.jpg

畑から帰ると姪っ子がおにぎりとベーコンエッグを作ってくれていたり

fc2blog_20200506090938188.jpg

甥っ子といちごポッキーの取り合いをしたり…

fc2blog_20200507085614656.jpg

そんな感じで良く食べてよく働いた毎日でした。

今朝、ドライヤーしているときに鏡に映った自分をみて驚愕…

あごの下に枕が増えてました。
2カ月前、渡米後~イベントが続いたときは顎下はけっこうすっきりしていたはずなのに。

下を向くと、息が止まりそうなほどです。


う========ん・・・


ま、



いっか。



気にしない!




らしら、らしさ。



そう、




自分らしさ。



隠さず、オープンに。



枕常備なう。


スポンサーサイト



みまから唐辛子 苗を植えました! - 2020.05.07 Thu

例年通り、GWは苗植え作業を行いました。
畑作業は毎年恐怖でしかない私。
普段ほぼゼロ畑なので、苗植えを入れても年に2・3回ほどしか唐辛子の生育には携わりません。
なので、いつも初心者。
体力は年々顕著に落ちていく中年。
そして暑さに慣れないこの時期。
恐怖です。

今年は、ボスが負傷中でして使いモノにならず。
母は万年のひざ痛持ち。
ポンコツ一家です。

いつもお世話になっている、畑パートの同級生父と
今年はプロの農家の同級生父とそのお孫ちゃん2名がヘルプ!
命拾いしました。。。

fc2blog_2020050609083803a.jpg

これ、すごい。初めて見た。
穴をあけるだけかと思ったら、ずぼっと刺してここに苗を入れて

fc2blog_202005060908098b6.jpg

開くと苗がストンと落ちるシステム。

fc2blog_202005060908230e0.jpg

ジジと孫2号の絶妙なタイミング。私が土を軽く被せて抑えたら、母が肥料をパラパラとまく。
素晴らしい連携作業。

孫1号はマルチにどんどん穴をあけた後、やかんで水を与えていき、おじさんは支柱を立てていく。
おお~~。機械化作業だよ。

fc2blog_202005060908533e2.jpg

fc2blog_20200506090908353.jpg

fc2blog_20200506090924d6e.jpg

いつもなら1日かかる作業が、300本くらいを3時間で終了。

若いって素敵✨若さって素晴らしい✨
とにかく暑い日だったので体力の消耗は激しいですが、私の疲労もいつもと違う。

高校生って素敵✨高校生って素晴らしい✨
さらにこの兄弟、高校3年と1年なのですが、おばちゃんとよくしゃべってくれるしほんとにかわいいんです。
いくらでもお菓子とかあげたくなるようなかわいさ。

おばちゃんおもしろいものみつけたらなんかプレゼントしようっと。

今年は畑が増えたのですが、ここも結局ボスは何もできなかったので
全て周りの人が助けてくれました。

そうそう、畝もきれいに張られたマルチも高校生二人が活躍してくれたんですよ。
自分家の畑400本を植えた後に当社の分も。

今年はいつもよりおいしい唐辛子ができそうです。

本当にありがとうございます。


追)彼らは池田高校サッカー部。
ボスの後輩になります。美馬交流館は全力で池田高校サッカー部を応援します!
総体なくなったけど、選手権がある!がんばれ!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

美馬交流館 館長

Author:美馬交流館 館長
 私たちの住む美馬町は、いにしえの頃には他に類なき程の繁栄を極めた地であり、私たちはその偉大なる先人たちから学びこの地に昔日の活力ある田舎町を創造する目的で1993年にボランティアグループを結成しました。以来町づくりの多様な活動を展開し、その集大成として新たな産業起こしを夢みて農商工連携による特産品開発に取り組んでいます。
 素材にはこの地方に昔から伝わる、糖度が高くて辛味が強い特性をもつみまから唐辛子を取り上げ、こだわりをもった特色ある産品を創出しています。

最新記事

カテゴリ

日記 (1136)
お弁当やお料理 (31)
食べる「みまから」 (29)
イベント (44)
お知らせ (322)
会員のみなさまへ (1)
働かざる…集い 活動報告 (4)
「みまから」保存法について (1)
美馬交流館の場所 (3)
その他 (38)
2014畑日記 (29)
おススメします! (5)

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR