FC2ブログ
topimage

2019-02

糖化が始まりましたよ~~~~~ - 2019.02.08 Fri

農家のおっちゃんの干し芋が
どんどん甘くなってきています。

そのサインである白い粉が見え始めました。

fc2blog_20190208101532706.jpg

分かります?ところどころ白くなってきました!

これは糖化(とうか)といって、糖分が結晶化してものです。
これからじわじわ糖化が進むと、真っ白になってきます。

  ↓ ↓

そしてカビが発生するんです。
気を付けてくださいね!

糖化 と カビ は全然違いますが

きっと製造してから発生の時期がよく似ているんですよね。

賞味期限内といってもカビが発生する場合があるので、干し芋を買われる際はよく見てくださいね。

産直などで売られている干し芋が よくバックヤードに大量に下げられていることあがります。
糖化をカビと見間違えた判断でしょうが、あきらかに違う場合は知らない人の干し芋でもちょっと悲しい気持ちになります。
また、本当にカビが発生している場合も同じです。

野菜用の袋で、上部をテープでキュッと留めているものは空気の出入りがあるのでカビの発生が早いです。
あと、乾燥機で干している場合も、半渇きの部分があるとカビの発生が早いです。

正直
どうして手間をかけて作られたのに、最後のここで手をぬくんだろう。
と、思います。
もちろん当店は極力気を遣っています。
真空にして脱酸素剤もいれているのでこれまで一度もカビが発生したことなく糖化が進むのみです。
(※未開封です)
三年前の干し芋も保管していますが、真っ白に粉がふきまくっているだけでカビはまったく見当たりません。


確かにパッケージ代やパーケージに費やす手間はコスト面で大きく差がありますが
そもそもお客様に目にとめていただかないと手に取ってくれません。
手に取ってくれなければ買ってもらえるチャンスすらないです。
私はこんなにきれいな干し芋を作ることは絶対できませんので
そこは全幅の信頼をおいている農家さんの仕事
そこから先は私の仕事。いい連携だと思います。

唐辛子農家さんが手間と時間をかけて大切に作った干し芋だから
託され、商品にする私には価値を付けて販売する義務があります。

当店の干し芋は高いです。
産直では干し芋の中で断トツ高いです。
しかし、、、
今のところ産直とネットでの販売のみですがよく売れています。
選ぶのはお客様。
品質のよさ作り手の思いなどが伝わっているなぁとつくづく思います。

ありがたいです。
こんな感じに、人のものを売る経験もさせていただいております。

さぁこれからどんどんおいしくなる干し芋ちゃん。
いかがですか?

スポンサーサイト

さわやかに深い言葉 - 2019.02.08 Fri

fc2blog_20190208101448dd9.jpg


柔道 松本 薫選手の昨日の引退会見は
実に爽やかな風が吹きましたね。

そもそもスポーツ選手の引退会見とは必要なのか?と、若干思うときがありますが
昨日の会見は本当に良かった!

引退理由を記者から尋ねられたとき

◎優先順位が柔道から子供になったこと
◎先の試合で負けたことで東京五輪は難しいと判断したこと

この2つを主な理由に答えられていました。

連日背筋が凍るニュースが伝えられている今

優先順位の一番が子供であること


刺さりましたよね。
そう、そう。子どもを守らないと!
責任の擦り合いが浮き彫りになってきたあの事件。
周りの大人が守らないと!何らかの手を差し伸べないと。行動を起こさないと!
私には子供はいませんが、私の周りにも近所にも子供はたくさんいます。
話したこともない子供たちでも、彼らが安全に健やかに成長できるよう周りの大人が見守っていかなければなりません。

松本さん、
なんて爽やかに大切なメッセージを伝えてくれたのだろうと、心打たれました。

こういった方が真のアスリートですよね。
世界のトップになる人はさすがです。

次のステップは アイスクリーム屋さんだそうです。
アスリートが安心して食べられるアイスクリーム。
なんて魅力的なのでしょう!!
ホームページを覗きましたが、アレルギーの方も大丈夫そうですよ。
ぜひ覗いてみてください!↓↓

Darc's  https://darcy-s.com/←クリック


今後のご活躍を期待しています!
松本 薫さん 感動をありがとう!

fc2blog_2019020810150101c.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

美馬交流館 館長

Author:美馬交流館 館長
 私たちの住む美馬町は、いにしえの頃には他に類なき程の繁栄を極めた地であり、私たちはその偉大なる先人たちから学びこの地に昔日の活力ある田舎町を創造する目的で1993年にボランティアグループを結成しました。以来町づくりの多様な活動を展開し、その集大成として新たな産業起こしを夢みて農商工連携による特産品開発に取り組んでいます。
 素材にはこの地方に昔から伝わる、糖度が高くて辛味が強い特性をもつみまから唐辛子を取り上げ、こだわりをもった特色ある産品を創出しています。

最新記事

カテゴリ

日記 (958)
お弁当やお料理 (29)
食べる「みまから」 (29)
イベント (43)
お知らせ (297)
会員のみなさまへ (1)
働かざる…集い 活動報告 (4)
「みまから」保存法について (1)
美馬交流館の場所 (3)
その他 (38)
2014畑日記 (29)
おススメします! (4)

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR