FC2ブログ
topimage

2019-02

お気をつけて~迷惑メール - 2019.02.05 Tue

今朝はこんなメールが届いていました。

------------------
Konnichiwa Sir

I sent you an e-mail last week but did not receive any feedback from you
so I am sending this message hoping to get your response. We are
international project financiers and we specialize in both start up
projects and existing businesses needing funding or Loan for expansion In Japan.

We are committed to helping businesses develop and succeed. We will like
to partner with you/your company should you be interested or may require
funding for the expansion of your business.

We will be waiting to receiving your terms and condition before
proceeding further.

Await your urgent and positive response.

Regards
Charles Mayiga

<グーグル翻訳>

こんにちはサー

先週私はあなたにEメールを送りましたが、あなたからのフィードバックはありませんでした
だから私はあなたの応答を得ることを望んでこのメッセージを送っています。 私たちです
国際プロジェクトの資金調達者と私たちは両方のスタートアップを専門としています
プロジェクトや既存事業が拡大のために資金や融資を必要としている。

私たちは、事業の発展と成功を支援することを約束します。 私たちは好きになる
あなたが興味を持っているか、必要とするかもしれないあなた/あなたの会社とパートナーを組むこと
あなたのビジネスの拡大のための資金。

我々は前にあなたの契約条件を受け取るのを待っているでしょう
さらに進んでください。

あなたの緊急かつ積極的な対応を待ってください。

よろしく
チャールズメイガ


-----------------------------

時々海外からも怪しいメールが届きます。
単語拾い読み程度の読解力でも 
 ・中国産唐辛子を買ってくれませんか? ・ビジネスチャンス ・海外出店しませんか? ・あなたの商品に非常に感動しました!
などといった感じが多いです。
これを同じように翻訳すると、ちんぷんかんぷんの文章になるわけです。

英文は翻訳にコピーペーストするとほぼ ちんぷんかんぷん。
あべこべの文章が多いですよね。

だから私は英語でメールを送る機会があるのですがそのときは
一つの文章を短くして、あべこべ文章に変換されないように気を付けています。
例えば簡単な文章でも
 寒くなりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか?
 ↓
 元気?

これを翻訳で英語に変換すると
 It got cold, is it still unchanged?
 ↓
 How are you?

英語を逆に翻訳で日本語に変換すると
 寒くなった、まだ変わらない?
 ↓
 お元気ですか?

と、こんな感じです。英語には敬語がないですから。
翻訳機能を使って英文を作るときは、最小限の文章のほうが伝わりやすいと思います。
あ、自論です!

と、かなり脱線しましたが何が言いたいかといいますと

上の翻訳の文章、ところどころ語尾がおかしいくらいで
内容が伝わる文章に変換されました。
ということは、日本語に変換されやすい文章だということです。
さらに、性格の悪い面を出しますと…↓
★日本人が外国のサーバーに乗せてるに違いない!
と疑っています。

なのでこういったメールは即削除。

結果、

チャールズさん、こういったメールは送ってこないでください!
よろしく!

ということです。

みなさんのところにも送られてくる怪しいメール。
お気を付けください!
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

美馬交流館 館長

Author:美馬交流館 館長
 私たちの住む美馬町は、いにしえの頃には他に類なき程の繁栄を極めた地であり、私たちはその偉大なる先人たちから学びこの地に昔日の活力ある田舎町を創造する目的で1993年にボランティアグループを結成しました。以来町づくりの多様な活動を展開し、その集大成として新たな産業起こしを夢みて農商工連携による特産品開発に取り組んでいます。
 素材にはこの地方に昔から伝わる、糖度が高くて辛味が強い特性をもつみまから唐辛子を取り上げ、こだわりをもった特色ある産品を創出しています。

最新記事

カテゴリ

日記 (958)
お弁当やお料理 (29)
食べる「みまから」 (29)
イベント (43)
お知らせ (297)
会員のみなさまへ (1)
働かざる…集い 活動報告 (4)
「みまから」保存法について (1)
美馬交流館の場所 (3)
その他 (38)
2014畑日記 (29)
おススメします! (4)

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR